2021/5/10
Breaking News

看護師におすすめの休憩時間の過ごし方

ハードワークの看護師は、休憩をしっかりとることが大切です。
リラックスできる休憩をとることにより、その後の業務を充実させることができますし、日々の楽しみも増えていきます。
しかし、休憩時間をきちんととっているものの、実は上手く休めてないという看護師は少なくありません。
では、休憩時間にどのように過ごせば、上手にリフレッシュすることができるのでしょうか?

休憩時間中は、頭を休めることが何より大切です。
その際に重要になるのが、スマホをいじらないということです。
ネットは情報量が多く、観覧しているだけで脳の疲れを加速させてしまうことがあります。
ですから、一旦頭の中をリセットするためにも、休憩時間中は頭を使うことは避けて、アロマの香りを嗅いだり、マッサージしたりして、気分転換を図ることをおすすめします。
また、深いことを考えず、同僚と他愛もない会話をするのも良いでしょう。

それから、休憩中はストレッチや体操で身体の筋肉をほぐすのも効果的です。
看護師の場合、緊張の連続で交感神経が優位な状態になっているため、自立神経のバランスを崩しやすいといわれています。
そのため、自律神経を整える効果が期待できるストレッチは、健康維持に役立ちます。
しかも、緊張した筋肉をやわらげると、休憩中の疲労回復効果を高めることもできるそうですよ。

ちなみに、可能であれば、休憩時間は職場を一旦離れてみて、外で過ごすのも良いでしょう。
病院の敷地内をゆっくり散歩したり、カフェブースがあれば、そこでお茶をするのもありかもしれません。
仕事を頭から追い出すことができ、スキマ時間を活用して上手にリフレッシュすることができるでしょう。