励ましの意味が込められたチーズケーキ「ティラミス」

北イタリア生まれのチーズケーキの一種「ティラミス」には、ある思いが込められています。

イタリア語の「ティラミス」には、「私を引っ張り上げて」さらに転じて「私を元気づけて」という励ましの意味が込められています。

作り方は、イタリア語で「サヴォイアのビスケット」という意味の、エスプレッソを染み込ませた「ビスコッティ・サヴォイアルディ」を適度な型に敷き詰めます。 その上に卵黄と砂糖を泡立て、マルサラワインなどの洋酒を加え温めたカスタードクリーム「ザバイオーネ」とマスカルポーネチーズを合わせた「ザバイオーネ・クリーム」を流し入れます。 「ビスコッティ・サヴォイアルディ」と「ザバイオーネ・クリーム」を型の上部まで繰り返し入れ、冷し固めます。 仕上げにココアパウダー、チョコパウダーやエスプレッソの豆を挽いた粉をふりかけてでき上がりです。

マスカルポーネはロンバルディア州の冬の特産、ビスコッティはトスカーナ地方の郷土菓子、クリームのベースとなる「ザバイオーネ」はピエモンテ州名物のデザートというように、出生地について断定することは難しいようです。

アメリカでは、1970年代終わりから1980年代初めにかけて、日本でも1990年頃大ブームが到来しました。その後、一定の人気を保ちファミリーレストランなどでも扱われるようになり身近な存在となりました。お金借りる おすすめ