どうやったらあんなに派手に車のボディーが凹むのか

ここ数年はそんなことはしていないのですが、誰でも車を運転していれば、一度や二度、車を傷つけてしまったりすることはあると思います。

ちょっとサイドを擦ってしまったり、縁石や障害物に気が付かず、フロントやリアのバンパーをガリガリと傷つけたり…。

修理に保険を適用すると、保険の等級が下がってしまうので、少しの傷ならそのままにしたりすることもあるのではないでしょうか。

でも、もし私なら、ぼこんと凹んでしまったいような傷は、恥ずかしいのですぐに直したいと思ってしまいます。

服やカバンのように、思い付きですぐに買い替えられるようなものではないし、そういうのをご近所さんや職場の人には、あまり見られたくないものですよね。

しかし、先日、車を運転していたときに、派手にトランクのドアを凹ませたまま走っている車を見かけました。

もしかしたら、凹ませてしまってそう時間が経っていないのかもしれませんが、それにしても「お見事」と言いたくなるような凹みだったと、改めて思ってしまいます。

ああいう凹みはディーラーに行くとドアごと交換になったりするので修理代が高くつくし、けっこうショックが大きいんですよね。レディースローン 即日